AG+ 効果

AG+わワキガに効果なし!?

市販のデオドラントの中でもAG+は群を抜いて効果が強いです。銀のパワーで臭いを吸収するというスプレーですが、強い汗臭にも効果があるとされています。
銀イオンの殺菌力でニオイの発生を防ぎ、スプレー後の汗を抑えます。

 

ここまでが公式で紹介されている効果ですが、これはあくまでも通常の人向けということです。わきがや多汗症の人はほとんど効果がありません。

 

確かに、ニオイを吸収する効果はあるのですが、パウダータイプなので多汗症の人やわきがの人の汗の量だとすぐにベタベタになってしまいます。

 

これから出てくる汗を防ぐと公式ページには書かれているのですが、スプレー後5分と持たずに汗が出てきてしまいます。

 

AG+を使うと洋服が黄ばむ!?

AG+には大きなデメリットがあります。それは、服が黄ばんでしまうことです。

 

ワキガの人は白いシャツなどを着ると脇の部分だけ黄ばんでしまうのですが、それは汗に含まれる鉄分が原因です。AG+には銀が含まれているので、わきがと同じように黄ばんでしまうんです。

 

しかも、主成分が銀ですから、わきがよりもさらに強く黄ばんでしまうんですね。洗濯や漂白剤を使ってもほとんど取れません。

 

わきがの人では効果が物足りない

AG+はワキガの人が使っても物足りないと思います。普段ほとんど汗をかかない人なら良いかもしれませんが、ワキガはアポクリン汗腺が発達して起こるニオイですから、普通の人よりも汗を沢山かく体質です。

 

そのため、AG+を使ってもものの数分で効果が無くなってしまい、服が黄ばむだけというあまりメリットのない状態になってしまうと思います。実際、私は過去3年に渡ってAG+を使いましたが、1日に使う回数は10回以上でした。移動するたびにスプレーを繰り返すので、肌は荒れて黒ずんでしまい、これはマズい!ということで専用のクリームを使い始めたんです。

 

AG+を使うなら、圧倒的にわきが用クリームの方が肌にも良いですし、効果も長続きします。これからデオドラントを使い始めようという方は、ぜひ当サイトのランキングを参考にしてみてください。

 

わきがクリーム総合ランキングへ→

 

わきがクリーム安さランキングへ→

 

AG+は薬局で手に入るデオドラントの中でも脇の臭いがかなり予防できると人気があるスプレーです。その効果は私も知っていて、ずっと使い続けていました。しかし、わきがクリームを使ってからというもの、効果の違いに驚かされました。まず、持続性が違います。パウダータイプは汗をかいたり服が脇に当たるとどんどん剥がれていってしまいます。汗をかくとすぐに流れてしまいますし、こまめにスプレーしなければなりません。また、AG+に含まれる銀のせいで、服が黄ばんでしまうというデメリットもあります。わきがの人は普段から衣服が黄ばむかと思いますが、AG+を使うことでさらに強く黄ばんでしまうんです。ですから、黄ばみが気になる人や、臭いの予防効果を高めたい方にはあまりおすすめできません。AG+を使うのに向いている人は、普段から汗をかきにくい人やわきがではない人でしょう。わきがは多汗症も伴っていることが多いので、すぐに効果が切れてしまいます。